プレカットを軸に"住"全てをプロデュース

宮本工業グループは、全自動プレカットのパイオニアとして、時代と環境の変化に即応し、和歌山、千葉、仙台の3拠点体制で、常にカスタマーフレンドリーな製品をお届けしています。

トピックス

2018/06/01

ホームページをリニューアルしました。

2018/05/29

弊社の取り組みが日刊木材新聞に掲載されました。

「PC・工事込みでコスト減 ATAハイブリッド構法を採用」

2018/05/16

弊社提携運送会社、(株)関根エンタープライズの新入社員のみなさんが研修のため来社されました。

研修の模様

2018/03/13

弊社の取り組みが日刊木材新聞に掲載されました。

「和歌山でATA構法木造倉庫上棟」

2017/11/5

11/3~11/5の日程で開催されたARKLEAGUE2017において、当社では木材利用推進のため、BMX&スケートボードの施設をプレカット製作・施工しました。

2017/05/11

弊社の取り組みが日刊わかやま新報に掲載されました。

「あきらめたらアカン!185」

2017/05/07

弊社の取り組みが日刊わかやま新報に掲載されました。

「木造建築の技術知って」

2016/10/20

和歌山県立和歌山工業高校建築科のみなさんが工場見学に来られました。

2016/04/01

「次世代法に基づく一般事業主行動計画」を策定しました。計画期間は平成28年4月1日~平成37年3月31日までの9年間です。

プレカット

 

プレカットは、木造住宅の在来軸組工法である柱や梁の継ぎ手・仕口を、住宅設計図の情報をもとにコンピューターに入力し、工場の全自動加工機で精密に生産し、工事現場にお届けする手法です。
当社は、プレカットシステムを日本で初めて、コンピューター会社・機械メーカーと共同開発し、昭和60年から生産を行っています。


 

在来工法


 
日本の伝統工法を発展させたもので、一般の木造住宅に用いる工法です。
 

金物工法


 
木造建築の仕口を金物にすることで、耐震性に優れた軸組を実現する工法です。
 

加工ライン


 
【横架材加工ライン】
5軸加工機をライン上に組み込み、金物工法はもちろん、登り梁・斜め材も全自動加工で、材寸は150×600、長さは8mまで対応可能です。
【柱材加工機】
金物工法にも対応し、材寸150×150、長さは6.4mまで対応しています。
【羽柄材加工機】
全自動加工機と半自動加工機(円ノコのスイッチのみ手動)があり、根太・間柱・筋違・窓台まぐさ・間柱受け材・垂木・破風鼻隠しの自動カットが可能です。
【パネル加工機】
野地パネル・床パネルに対応しており、野地の垂木墨付け、床の間柱欠きなどが可能です。


 
【当社の取組み】
弊社では、木材のさらなる有効活用を目指し、木造非住宅の普及に力を注いでいます。
また、この取り組みをさらに進めるため、 株式会社ATA「大空間木造膜構造研究室」のATAハイブリッド構法提携工場となり、より大規模な建造物にも木材を活用する技術の研究開発に取り組んでいます。
これまで鉄骨造でしか実現できなかった、7m以上の大スパンが必要な倉庫、店舗、工場など各種施設の木造化をお考えの方は、ぜひお問い合わせください。
 
【特徴】
株式会社ATA「大空間木造膜構造研究室」が提供。
木の良さを活かし、木の弱いところを金属で補うことで、「一般流通材」だけで大スパンを実現する構法です。
特別注文となる大断面集成材を使用することなく、33mまで柱のない空間を確保するこ事が可能です。
<圧縮材> 最大使用木材 120×450×6000 最小使用木材 105x105x500
<張弦材> 最大使用丸鋼φ36
最大スパン33m 積雪3m
 
【メリット】
一般流通材だけを使用することから、価格は鉄骨を使用する場合とほぼ同等になります。これにより、「大空間」への木材活用の可能性が大きく広がります。
 

施工事例

用途:作業場 所在地:和歌山県海南市


 
精密なパーツ加工が可能なプレカット製品は様々なシーンで活用できます。「BMXイベント会場の設営」もそのひとつ。イメージ通りの会場レイアウトをCAD設計し、プレカット加工、そして施工まで行いました。
 

施工事例

 
用途:イベント会場 所在地:兵庫県神戸市

建築施工

 

当社では、長年にわたり培ってきたプレカットの構造設計技術を活かし、一般木造住宅、大規模鉄骨造施設を建設してきました。
また、大規模木造建築物の施工ノウハウを確立、コスト面で優位な一般流通材を多用しつつ、高品質かつ高強度な木造非住宅の普及拡大にも取り組んでいます。


 
プレカット製品のパイオニアとして長年培ってきたノウハウを活かし、当社建設部では、一般住宅の建築を手掛けています。
 

施工事例


 
当社の施工技術は、木造・鉄骨造それぞれの大規模建築物の施工にも活かされています。
 

施工事例-大規模木造建築物

当社では、大規模木造建築物の施工ノウハウを確立、コスト面で優位な一般流通材を多用しつつ、高品質かつ高強度な木造非住宅の普及拡大に取り組んでいます。
 

 
高齢者住宅「Casa東高松」様 所在地:和歌山市
 

 
福祉施設「高齢者総合ケアセンター紀伊」様 所在地:和歌山市
 

施工事例-大規模鉄骨造施設

 

 
福祉施設「大日倶楽部オラ」様 所在地:和歌山市

ご挨拶

私どもはプレカットのパイオニアとして時代と環境の変化に対応しつつ、全国ネットワークで事業を拡大、展開しています。 
プレカットとは、木造住宅の軸組み部材を大工さんの要望どおりコンピュータに入力し、工場で規格にあわせて全自動加工し工事現場にお届けするという手法です。 
元来、製材所としてスタートをしたのですが、その道のりは決して平坦だったわけではありません。業界自体に存在した大きな波を乗り越えられたのは、一つの事業に生命をかけるという執念です。そして今の私どもがあるのは深い信頼関係をもてるパートナーがいたからだと思うのです。
創業者宮本光楠がいつも口ぐせのように「経営は信念というような甘っちょろい考えではやっていけない。生きるか死ぬかで、執念をもって行動しなければ経営は成り立たん」といっていたのが子供心にしみこんでいます。 
また、何事にも有言実行で、その時々の時代の中で声を大にして実践することが必要であると考え、これからも力強く、歩み進んでまいります。

 
株式会社宮本工業
代表取締役会長 宮本次朗

グループ概要

会社名

株式会社宮本工業

住所

和歌山県和歌山市西浜1660-50

代表者

宮本次朗・宮本哲治

電話番号

073-444-5225

FAX番号

073-441-0007

資本金

4750万円

設立

昭和36年(1961年)

事業内容

1.プレカット加工 2.建設施工・リフォーム工事 3.住宅用資材の販売

従業員数

126人(平成30年4月現在)

取引銀行

紀陽銀行

会社名

日本プレカットシステム株式会社

住所

和歌山県和歌山市西浜1660-50

代表者

宮本哲治・森彰宏

資本金

9800万円

設立

平成7年(1995年)

事業内容

1.プレカット製品(構造・羽柄・野地パネル・床パネル・構造金物)の請負・販売 2.建設資材の販売 3.フレーマー(建方)工事 4.建築工事

従業員数

21人(平成30年4月現在)

沿革

昭和20年12月

宮本光楠、和歌山市中之島で賃挽き製材業を始める。

昭和21年6月

和歌山市寄合町に宮本製材所を新設。

昭和36年4月

宮本木材工業株式会社設立。

本社:和歌山市寄合町18番地
資本金:600万円。
北島工場新設。
所在地:和歌山市北島344番地
外材専門のオートメーション工場で稼働開始。

昭和36年11月

本社を和歌山市北島344番地に移転。

昭和46年7月

北島工場を和歌山市西浜1660番地の50に移転。

全国初の冷暖房付大型近代工場として稼働。
宮本木材工業株式会社本社を和歌山市西浜1660番地の50に移転。

昭和50年7月

宮本木材工業株式会社社長に宮本次朗就任。

昭和55年11月

千葉市美浜区新港228番地の3に千葉営業所と再割工場を新設。

昭和60年10月

千葉加工センターに全自動プレカット工場を新設。

日本初CAD/CAMシステムのプレカット工場。

昭和63年6月

宮本木材工業株式会社を株式会社宮本工業に社名変更。

和歌山県初のCAD/CAMシステムのプレカット工場新設。

平成2年

株式会社宮本工業千葉工場を千葉市美浜区新港228番地の3に設置。

平成2年12月

仙台工場開設。

宮城県初のCAD/CAMシステムのプレカット工場新設。

平成3年4月

株式会社宮本工業本社に建設部新設。

平成7年2月

日本プレカットシステム株式会社設立、社長に宮本次朗就任。

本社:和歌山市西浜1660番地
関東支店:千葉市美浜区新港228番地の3
東北支店:宮城県名取市植松43番地

平成11年10月

ISO9002認証取得。

平成12年7月

ISO9001に拡大認証取得。

平成13年5月

ISO14001認証取得。

平成17年10月

日本プレカットシステム株式会社社長に武田逸夫就任。

平成19年2月

株式会社宮本工業本店が二級建築士事務所登録。

平成19年10月

株式会社宮本工業本店及び東北支店がSGEC(緑の循環)認定を受ける。

平成24年10月

株式会社宮本工業社長に宮本哲治就任。

平成25年10月

日本プレカットシステム株式会社社長に森彰宏就任。

アクセス

株式会社宮本工業本店(和歌山工場)・日本プレカットシステム株式会社(NPS)関西支店

 

所在地

和歌山県和歌山市西浜1660-50

電話・FAX

宮本工業本店(和歌山工場)
TEL:073-444-5225 FAX:073-441-0007
NPS関西支店
TEL:073-441-0011 FAX:073-441-0005

お車の場合

阪和自動車道和歌山ICから約20分

電車の場合

南海和歌山市駅からタクシーで約15分

JR和歌山駅西口からタクシーで約20分


株式会社宮本工業関東支店・日本プレカットシステム株式会社(NPS)関東支店

 

所在地

千葉市美浜区新港228-3

電話・FAX

宮本工業関東支店
TEL:043-246-5725 FAX:043-246-1752
NPS関東支店
TEL:043-246-3557 FAX:043-246-1752

お車の場合

東関東自動車道湾岸習志野ICから約15分

電車の場合

JR総武線稲毛駅西口からタクシーで約15分

JR京葉線稲毛海岸駅南口からタクシーで約10分 


株式会社宮本工業東北支店・日本プレカットシステム株式会社(NPS)東北支店

 

所在地

宮城県名取市植松43

電話・FAX

宮本工業東北支店
TEL:022-382-3934 FAX:022-382-4033
NPS東北支店
TEL:022-382-4523 FAX:022-382-4033

お車の場合

仙台東部道路仙台空港ICから約5分

電車の場合

JR館腰駅東口から徒歩約10分

案内資料

動画で見る宮本工業グループ

宮本工業グループご案内パンフレット

家族館のご案内


 
宮本工業本社に隣接する「家族館」は、貸会場として、各種会議・セミナー・試験などにご利用いただけます。
 
家族館ご利用料金 面積 収容人数 9:00~12:00 13:00~17:00 9:00~21:00 駐車場
 家族館 大+小 240.3㎡  130人  4500円  4500円  32000円  無料 
 家族館 小 83.7㎡  50人  2500円  2500円  16000円  無料